ロゴ
HOME>オススメ情報>私立大学を受験する前にかかる学費を把握しておこう!

私立大学を受験する前にかかる学費を把握しておこう!

男子大学生

私立大学にかかる費用相場

私立大学は国公立大学に比べると、学費が高くなっています。おおよそ年間100万円するところがほとんどで、家庭によっては大学に通おうとしても、私立大学に通うことができないところもあります。平均的に学費が100万円といいますが、学部によってはその数字が変わることもあります。たとえば、薬学部や医学部となればさらに費用が掛かるところがあり、大学によっては1000万円、安くても卒業するまで600万円かかってしまう場合もあります。自分自身が通おうと考えているところ、または併願で受けようと考えているところがどれほどの費用を要するのか、事前に調べることはとても大切です。親が出してくれるといってもその金額は大きなものとなります。

大学生

奨学金や学費サポート制度をチェック

人によっては、国公立に通う予定だったのが不合格となり、併願で受けて合格した私立大学に通うことになる人はたくさんいます。私立大学に通うことが決まれば入学金はすぐに支払わなければならず、学費も合わせるとその負担は本当に大きなものとなります。しかし大学で勉強し、通おうとしているその私立大学に魅力的なカリキュラムがあるにもかかわらず、学費が負担で通うことができなくなればつらいものとなります。そのような人のために奨学金制度があります。奨学金制度は大学で用意されているところもあれば、奨学金専門の施設もあります。奨学金は基本的には返済しなければなりませんが、成績が良い人の場合は返済が免除できるところもあるため、学費の負担を軽減したいと考えるのであれば利用するのも良い方法です。